大量発生

体がなまっているので、本日、草津川堤防沿いをウォーキング。
ふとサイドの木を見ると、葉っぱ目当てに大量の幼虫だらけ。
画像
画像
画像
この幼虫がメチャクチャいるんです。
ちょっと、引いてしまう状態でした。
ところで、この幼虫はどんな成虫になるんでしょうか?
こんな時には、虫判定機ですよね。
何か分かれば、続報します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2014年05月07日 06:52
気持ち悪すぎます
新芽が柔らかいからかなぁ。
市役所にメールで要連絡かな・・。
nantnar
2014年05月07日 21:17
気持ち悪すぎます。虫は好きではありませんが、それぞれに役目があり、生存していると知るとむやみに殺したりしたら、いけないと思いました。ミツバチの働きを知ってますか?それを知ると、見方が変わりました。
2014年05月08日 01:32
のほほんさん、さすがに家に帰ったら、帽子やザックや服にくっついてないかチェックしましたよ。何せ写真を撮るために、かなりトライしましたから。それと、ウォーキングコースなので誰かが市役所に連絡するかもしれませんが、私はしませんよ。一カ月後に行ったら、どんな成虫が大量になってるかな?
2014年05月08日 01:39
nantnarさん、iPhoneで撮ったのですが、綺麗に撮れ過ぎでしょ…。ミツバチの働きって、家族それぞれの役割の方か蜂蜜や受粉の方かな?私も基本は生き物は基本殺さない派です。ただし、台所で遭遇するゴキブリは悩みます。
nantnar
2014年05月08日 20:53
ミツバチの生態や、ミツバチがいなくなると、私たちが食べる食物がなくなることことについてです。私達と身近に関連があるってことに興味がわきました。それにしてもこの虫が他の花や虫に害を与えないことを願ってます。
2014年05月14日 00:16
自然の世界、終始うまくいくこともないので、自然に任せましょう。

この記事へのトラックバック